血液サラサラになるオゾン療法

血液サラサラになるオゾン療法

血液をサラサラにするための方法として食事療法や運動療法がありますが、変わり種としてオゾン療法というものもあります。

 

これは現在でも施術を受けることはできますが、未だ研究中であり実際の効果の有用性もしっかりと実証されていないため保険が効かず、費用が高額になるため継続して行う手段としては現実的ではありません。

 

当然ながら一度行っただけで永続的な効果が得られるわけではないため、今のところは知識として抑えるに留め、将来的に保険適用となれば選択肢に入れて考えてみるといいでしょう。

 

オゾン療法とは血液を一定量採取してオゾンガスを混ぜ、体内に戻すと言うものです。オゾンとは化学式O3であり、オゾン自体が有害であるほか一見すると過剰な酸素原子を血中に混ぜることで活性酸素が多く発生し体に悪いのではないか?と考えられるかもしれません。

 

自然に考えればそうなのですが、酸素を多く血液に溶かし込み活性酸素によるストレスを一時的に高めることで、それ以上に体の抗酸化作用が高められると言う実験結果が出ており、オゾン療法はそれに基づいた施術なのです。

 

体の抗酸化作用が高まると言うことで、アンチエイジングにも活性酸素が主因となるガンや虚血性心疾患などの予防にも、美と健康両面に役立つ施術として、未だ途上ではあるものの、そのメカニズムと効果に多くの注目の目が向けられており、研究と改良も続いています。これからのオゾン療法のさらなる進歩に期待しましょう。