EPA・DHAを毎日継続摂取しサラサラ血液に!

EPA・DHAを毎日継続摂取しサラサラ血液に!

 

青魚というのは、EPAやDHAが豊富に含まれている食材となっています。EPAもDHAも健康維持に役立つ成分となっていますから、普段から積極的に青魚を中心に食べるようにしたほうがいいでしょう。

 

中でも高齢の人は、体内のEPAやDHAも減ってきているでしょうから、積極的に食事に取り入れるようにしたほうがいいです。中でもDHAというのは、脳の働きを活発にさせる作用が期待できる成分となっていますから、認知症が不安の方にオススメの成分となっています。

 

魚を普段から食べていると勉強に集中することができるという話を聞いたことがある人もいると思います。どうして、勉強に集中できるのかというと、このDHAがたくさん含まれているからなのです。

 

EPAもDHAも血液をサラサラにする作用があるのですが、DHAというのは集中力を高めたり、ボケ防止が期待できる成分となっているのです(参考:脳血流改善サプリ特集!脳の血流量を増やしモヤっと解消)。

 

現代人は圧倒的にDHA・EPA不足

 

最近は日本人でも魚をあまり食べないという人が増えてきています。ですから、かつての日本人と比べると体の中にあるEPAやDHAの含有量が不足している状態です。

 

摂取量以下になってしまっていると血液の状態も悪くなってしまいますし、脳も活発に機能してくれなくなってしまいます。ですから、普段から肉を中心にした食事をしているという人は、EPAとDHAのどちらも摂取することを強くお勧めします。

 

EPAとDHAは、美肌作用も期待することができますから、肌の悩みがあるという人にもオススメです。以前は食事からEPAとDHAを摂取する必要がありましたが、最近はサプリメントで手軽に摂取することも可能になっています。食事バランスを考えて料理を食べるようにして、不足している分はサプリメントで補うようにするといいでしょう。

 

なお、DHAというのは、青魚にだけ含まれているというわけではありません。元々は海藻類に多く含まれており、海藻類を食べた青魚が、DHAを多く含有するようになっていったのだそうです。

 

その青魚を原料にしたサプリメントや調味料も多く販売されるようになっていますから、食事の味付けで魚を原料にしている調味料を使ったり、食後にサプリメントを摂取するようにしてみてください。

 

そして、一日のDHAとEPAの摂取量をクリアするようにしていってみてください。なお、食事から摂取するにしても、サプリメントから摂取するにしても、すぐに体に作用をもたらすというわけではありません。最低でも数か月間は続けるようにしなくてはならないことも忘れないようにしましょう。