眼精疲労になる原因は?血行が悪いんじゃないの?

眼精疲労になる原因は?血行が悪いんじゃないの?

眼精疲労というのは、目を使いすぎてしまっていることだけが原因だというわけではありません。生活環境や精神面、肉体面が原因で眼精疲労になってしまうということだってあるのです。

 

ですから、眼精疲労を回復させたいと思っているのであれば、まずは何が原因になっているのかを調べるようにするべきなのです。

 

まず初めに、目を酷使してしまっていることが原因である場合についてです。眼球には、水晶体の厚みをコントロールするための筋肉と、眼球を動かすための筋肉があります。この二つの筋肉を長時間動かしていると、筋肉が疲弊してしまい、目が疲れてしまったりします。
これによって、眼精疲労を引き起こす原因になってしまうことが多いのです。

 

次に目の病気によって、眼精疲労の原因になるということも最近増えてきています。目の病気として最も多いのは、ドライアイとなっています。最近は、ドライアイになってしまって、がんかに通っているという人も増えてきています。遠視や近視、乱視のまま生活をしてしまっていても、ピントが合いづらくなり、眼精疲労の原因になります。

 

精神的なストレスが原因であることも多いです。ストレスを溜めてしまっていると、体が緊張状態になってしまって、血管も細くなってしまいます。

 

その結果、血液を十分に送ることができなくなってしまい、目が疲れやすくなってしまうのです。これ以外にもストレスによって、自律神経が乱れてしまい、目に涙が十分に供給されにくくなってしまって、眼精疲労になってしまうということも多いのです。

 

これ以外にも、住宅に使われている化学物質や湿度、部屋の明るさなどが原因で眼精疲労になってしまうという人もいます。